トップ

ダイエット茶の飲み方

ダイエット茶気になる副作用

副作用の危険があるものは避けよう

体型を気にしている人の中には、ダイエット茶を飲んで痩せようと考えている人も多いでしょう。便秘の解消に役立ったり、脂肪が燃焼しやすくなるとされているダイエット茶がたくさん出回っています。痩せたいという気持ちが強い人の場合には、なるべく即効性のあるものや、大きな効果が期待できるものを飲もうとする傾向にあります。

しかし、劇的な即効性があることを謳っているダイエット茶に関しては、注意が必要です。痩せるだけでなく、副作用など好ましくない影響も出やすいためです。

便秘のせいでなかなか痩せられない人なら、センナ茶を飲んでみようかと検討するかも知れません。便秘の症状が改善されると言われることもあります。しかし、センナ茶は効果が強い反面で健康被害も報告されています。場合によっては、腸が正常に機能しなくなることもあるのです。

また、日本ではセンナの果実や葉の部分は医薬品という扱いになっており、ダイエット茶に使用することはできません。ダイエット茶としてのセンナ茶には、センナの茎の部分が使用されています。茎の部分は医薬品ではないためダイエット茶として販売可能ですが、医薬品と紙一重の面も多いです。そのため、ダイエット効果を求めて飲むのはあまりおすすめできません。

便秘が原因でダイエットが上手く行かないのであれば、センナ茶の代わりにキャンドルブッシュがおすすめです。キャンドルブッシュは、腸に優しく働きかけるため、センナ茶に見られるような副作用はありません。食物繊維の含有量も多く、自然な排便を促してくれます。

センナ茶の他に雪茶も肝機能障害などの健康被害が報告されているため、なるべく避けた方が無難でしょう。あまり極端な効果を謳っている商品は、効果が大きい反面でリスクも高いことが多いのです。